菊池建設株式会社

漆喰の家  / 商品一覧

菊池建設 > 商品一覧 > 漆喰の家

漆喰の家

シンプルが美しい。天然が心地いい。

素肌に洗いたての木綿シャツをまとったような心地よさ。健やかで安らかな暮らしのために、毎日肌に触れる室内の仕上げ材に天然素材を積極的に取り入れた住まいが「漆喰の家」です。無垢の木材。漆喰の塗壁。襖紙貼りの建具。柱の見える真壁造りを採用し、節のある構造材をあえて意匠として見せることで生まれた美しさと味わい。日本人が長年使い慣れてきた本物の素材を、大工・左官職人の丹念な手仕事によって、普段使いの住宅に仕上げました。シンプルで飾らないから美しい。シンプルな素材だから心地いい。季節の変化にも柔軟に対応する日本生まれの素材だから、いつまでも愛着を持ち続けられるはずです。

「漆喰」

玄関からそれぞれの居室まで、清潔感漂う白い漆喰塗壁で統一。「漆喰の家」は熟練した職人の手による漆喰塗壁で全居室を仕上げる、贅沢な住まいです。貝殻や石灰岩から作られる漆喰は、コテ塗りされた後、乾燥すると同時に空気中の炭酸ガスを吸って硬化し、元の原料と同質の硬い壁面をつくります。しっかり硬い壁なのに木材のように調湿機能があります。さらに強アルカリ性の漆喰はウィルスやカビの繁殖を抑える効果があり、風邪の予防などが期待できる、健康的で快適な居住空間をつくり上げます。

「無垢の木」

「檜を柱に使っているのに、壁の中に隠れてしまってもったいない。節があっても気にしないから、柱が見える住宅にしてください。」 そんなご要望を受けて誕生した住宅が「漆喰の家」です。床には素足に温もりを与える、特厚の杉無垢材を選びました。節は無垢の木ならではの豊かな表情。森林浴効果をもたらす香りと肌触りの良さ、快適な調湿機能も無垢の木が持つ特徴です。本物の木と触れあえる、五感に伝わる居心地のよさが、この家の大きな魅力になっています。

※ 昔懐かしい柱の見える真壁造り。この意匠を活かしながら十分な断熱性能も確保するために、通常よりも厚い壁厚に対応できる特別なサイズ「互平(ごひら)」の檜柱を外周部に使います。「互平」の檜柱は、長年にわたり木造建築に精通してきた菊池建設ならでは調達できる特殊材です。

「和紙」

「漆喰の家」の建具や収納扉は、日本の伝統色を用いた和紙(襖紙)貼り仕上げです。天井も和紙貼り仕上げを標準仕様としています。天然素材である和紙は、自ら調湿機能を持ち、無垢の木や漆喰とも相性の良い素材です。白い壁と木色でまとめられたシンプルな室内は、「色」が引き立つ、さらし生地のような空間。建具にお好みの色を選ぶことで、室内に色彩のアクセントを配置する楽しさがあります。和紙の貼り替えにより、模様替えも可能に。世界からも注目される和紙を身近に使う、新感覚の住まいです。

基本性能

見かけは昔懐かしい室内意匠でも、建物の基本性能は次世代にも通用する、高い性能値を誇っています。 檜をふんだんに使用した当社自慢の「檜こだわり仕様」の構造は、3世代、75年以上にわたって住み続けて頂ける高耐久性仕様です。 耐震性能は1棟ごとに設計段階で、建物の耐震力バランス「偏心率」をパソコンでチェック。土台、柱、梁の接合箇所にかかる力を計算で割り出し、最適な接合金物を決定するなど、地震に強い住まいを実現します。 また、すべての住宅でUa値(住宅の外皮熱貫流率)計算を行い、断熱性能を検証。省エネルギー基準の地域区分ごとに定められた基準値よりも優れた性能値を確保しています。

特注塗装仕様

木部に塗装を施すことで、馴染み深い古民家の意匠風合いを強めることができます。漆喰との対比が生み出すモノトーンの室内は、モダンなインテリアも似合う洗練された上質な空間をつくり上げます。

ページの先頭へ