菊池建設株式会社

創業者 菊池安治  / 菊池建設のこと

菊池建設 > 菊池建設のこと > 創業者 菊池安治

創業者 菊池 安治

昭和7年(1932年)、静岡県旧庵原郡小島村(現静岡市清水区但沼町)にて、
父:宮大工棟梁・菊池宗作の長男として生まれる。

菊池 安治きくち やすはる(1932-1989)

  • 厳しい修行時代

    15歳で父のもとに弟子入り。と同時に製図専門学校の通信教育を受講する。弟子入り3カ月目に東寿院便所を建築。

  • 請負方式への転換

    修行2年目18歳で2階屋を建築。
    「図面の描ける大工」として人気を得る。手間請けから請負制への転換を図り、19歳の時には弟子2人を抱える棟梁に。

22歳で菊池建設創業

清水駅近くに事務所を借り移転。昭和30年6月請負登録し菊池建設を創業。
下請け経験後25歳で事務所移転。元請負で業績を伸ばす

昭和30年1955

宮大工2世の本領発揮

昭和38年(1963年)31歳で睦合神社本殿(清水区)建築。以降、数多くの社寺建築を手掛ける。
昭和49年(1974年) 中山法華経寺(市川市)大荒行堂建立。限られた工期の中、十分な乾燥材を使えなかったことが大型木材乾燥室の導入につながる。

昭和56年(1981年)イタリアの最新技術を導入した大型低温除湿木材乾燥室を独自に完備。現在では製材業界で常識となった木材乾燥を、建築会社がいち早く実施して話題となった。

石油危機が生んだ“産直”方式

昭和49年(1974年)木材価格高騰を機に全国の木材産地視察し、檜の産直方式を確立。
本社を現所在地に移転。昭和50年10月「檜の家株式会社」設立。「檜の家」の販売開始。

昭和49年1974

陣頭指揮の東京進出

昭和53年(1978年)、立川サンシャインパーク住宅公園に「檜の家」「数寄屋」を建築。東京営業所を開設。
“いい設計”、“いい材料”、“いい技術”、“しかも安い”が反響を呼び業績を伸ばす。

昭和53年1978

木造復権の旗手

企業の急成長ぶりが注目されるとともに新聞全国紙に寄稿。木造建築の素晴らしさを説きつつ、金物偏重の建築に警鐘を鳴らし「木造復権の旗手」として講演やTV、ラジオにも出演。

日本建築専門学校の創設

世界に誇る日本の木造建築文化を次世代に継承させることを目的に、昭和62年(1987年)、学校法人富嶽学園「日本建築専門学校」を創設。

昭和62年1987

創業者・菊池安治の功績

昭和59年(1984年) 日本木造住宅産業協会静岡県支部を設立。
昭和61年(1986年) 「(一社)日本木造住宅産業協会」設立に貢献。翌年、副会長に就任。
昭和62年(1987年) 「いえづくり85プロジェクト提案競技」にて〈特別優秀賞〉〈優秀賞〉受賞。
昭和62年(1987年) 「国際居住年記念中央集会」において〈建設大臣〉表彰受賞。
昭和62年(1987年) 長年の功績に対し建設大臣より〈感謝状〉 静岡県知事より〈褒賞状〉受賞。

「木は生きている。」

創業者・菊池安治の遺した言葉は、今も多くの職人たちの指標となっています。

  • 木は空気を浄化し治水するものだ命の木に感謝せよ
  • 俺は根っからの大工、木の精に支えられ、励まされ教えられて、一筋に生きてきた
  • 木を粗末に扱う奴は、必ず木の精に殺られるぞ
  • いいかい! 番付の振り方ひとつで、木は喜びもし暴れもするよ
  • 木は生きている木の精に職人の精を打ち込むこれこそ「木匠の命」と言うものだ
  • 住まいはね、住む人の人格、哲学まで変えるんだよ
  • 年月と共に良さと深みを増すこれが “ほんもの”の住まいと言うものだ
  • 鉄より木の命の方が遥かに強くて長い金物偏重は、建築文化が亡びる
  • 軒の出 けらばを長く出せ実用はもとより外観的な格調を大きく左右する
  • 木は呼吸しているんだよ木を窒息さすような家造りは、わずか数年で 木は死んでしまうぞ(腐ってしまうぞ)
  • 美しさを見せようとしない美しさが真実(ほんとう)の美しさなのだ
  • “木の精”をいつくしむ性根のすわった職人の心が芸術にまで高める
  • 木は生きている空気を与えて初め木造建築は幾百年まで生き、建築文化がのこる

創業者・菊池安治の理念を継承し、
新たなブランドスローガン「美しい家づくり」を掲げてこれからも
「檜造りの注文住宅」をはじめ、日本の木造建築一筋に取り組んでいきます。

ページの先頭へ